HOME > オーナーブログ > アーカイブ > 2021年9月

オーナーブログ 2021年9月

どうありたいか。グループセッション

2021.9.21

ベルーガグループセッションを

オンラインで行いました。

 

 

テーマは、
「ベルーガの価値を上げる顧客創造体験」

文字にすると難しいけど、

みんなでシャネルの映画を見てその気づきをアウトプット。

デザイン思考、デザインシンキングの手法を使ってまとめていきます。

 

いつもベルーガを応援してくれている
名ファシリテーターの加藤 貴子さんが

僕達のボヤッとした意見をまとめてくれました。

 

 

最近よく夢を見ます。

旅に出ているような知らない景色で、知らない土地で、そこでは僕は障害もなく歩いている。

別のシーンでは、ハサミを持ってお客さんを
カットしていたり。(もともと障害者になる前は美容室オーナー兼スタイリストでした。)

 

未練だろうとも思うし、

昔に戻ってもう一度この人生を体験したいとも思う。

でも、不思議と気分悪くならない。

夢の後。



 

夢は過去にはない。

これからの先を見る。

 


 

さて、今回みんなで見た映画は

「ココ・アヴァン・シャネル」

シャネルがシャネルになる前の物語

 

実を言うと、字幕に目が追いつかず

半分以上は映像からのイメージだったので、どんなシーンかは説明できなかったけど、いろいろ感じたことはあった。

そのうちのトップ3くらいに絞ると

・価値観の合わない人の中にいるけど考えを曲げない

・価値観をわかり合う人

・輝かしい未来があると信じる事

 

他にもフランスなのに右ハンドル?とか笑
(時代背景なのかな?)

 

特に3つ目は、経営者としてだけでなく父親としても夫としてもやってなかった、もっとできる事だなと思う。

 

それから、これは自分の中で反省なんだけど、

「美容室経営しててよかった」ってことはなんですか?

 

って質問に対して、父親や祖父など先代が安心できた的なことを言ったんだけど、妙に引っかかって、今もずーっと考えてて、違った!

 

うちで働くスタッフが「あそこの美容室で働いてんの?すげー!」「いいとこで働いてるね!」って言われたら最高に経営者冥利に尽きる。(前の僕だったらすぐこう言ってたから反省)

 

なぜなら、お店が誰かの役に立っていて、うちのお店にご来店くださったお客さんが美しくなって喜んで、幸せで、そのお客さんが幸せになっていつもルンルンで、お客さんの周りにいる大切な人たちも、なんか幸せになれる。

その幸せが帰ってきて自分たちも幸せ。

その幸せや愛の循環が大切だと思うから。

 

昔高校生にオープンエンリッチの一コマで仕事についてお話しする機会をいただいたことがあって、

みんな「誰かの役に立つ仕事がしたい」と言っていた。
 

僕は、「役に立たない仕事なんて一つもない。どんな仕事でも役に立っている(誰かの喜びになっている)から仕事になってるんだよ」と偉そうに言ったことがある。
 

僕は病気の進行で美容師ができなくなったので、カットなどの技術で直接は誰かを喜ばせたりできなくなってしまった。

 

だから「いいとこで働いてるね!」ってスタッフが言われたらサロンに立っていない僕の所まで誰かの幸せが帰ってきた証拠。

美容室経営しててよかったとより強く思える時。

 

もちろんスタッフや奥さんが「上手いね」とか「いつもありがとう」なんてお客さんから言われるのも嬉しい。

5042A674-4F61-49B6-945A-6A83DEECE020.jpeg
19E160F3-ABAE-4321-A6E0-6CF3D4B496E4.jpeg

223412E0-99FE-4C9F-96E4-3FFE9B4B3C9C.jpeg

D87EAEF5-AC95-43A3-8630-21684EA85B94.jpeg


1

« 2021年7月 | メインページ | アーカイブ | 2021年10月 »

このページのトップへ