HOME > Belugaブログ

Belugaブログ

装飾完了☆

装飾✨

フラワーデザイナーの マミ 山本さんに『 #海の森 』をテーマに

フェイクグリーンで空間デザインしてもらいました❣️

※海の森=ジャイアントケルプの森
海のゆりかごともいわれ多様な生物をはぐくみます。


美容室Belugaのコンセプトも
#森と海と愛する人のための美容室

店長作のサロンの壁画もあり

より店名、コンセプトが表現されました。

ご来店をお楽しみに♪


#可児市 #美容室
#ミューラルアート
#美容室Beluga
#ステップボーンカット
#ヘアカット #似合わせ
#デザインカラー
#大人のデザインカラー











森の海をテーマに!内装施工予告

近々内観を装飾します。

 

美容室Belugaには

 

『森と海と愛する人のための美容室』という

 

テーマがあったんです。

 

海の森というテーマで装飾してもらいます❤️

 

ホントは年明けの周年記念でとも思ったのですが

 

お休みの関係もあったので近々やっちゃいます!

 

お楽しみに✨✨✨


0A15B4C4-1F04-4200-B345-750DC239601F.jpeg

今日は駐車場のラインを引き直してもらいました。

9826B28F-AA18-49B4-A844-8516A8D39F08.jpeg


個展のお知らせ

親子の個展❤️

いよいよ今週末実は個展を開きます娘と❤️

美容室Beluga店長の 田口 佳代子 です。


場所:可児市文化創造センターala
1F ギャラリー

日時:8/21(日) 11:00〜16:00
22(月) 9:00〜16:00

新型コロナの拡大でまだ不安も窮屈さも感じる毎日ですが、見る人が癒されたり、優しい気持ちになれるようなそんな絵を描きました。
たった2日間の開催ですが、都合の良い日がありましたら是非お立ち寄りください♪

親以外の大人とのコミュニケーション
自分が没頭できて、作ったもの、その思いを誰かに伝える。そんな体験をプレゼントしたいのです❣️

入場無料。当日絵の販売などはありませんが、
ウクライナ人道支援のための募金箱を設置しています。

是非お越しくださいね❣️









寄付のご報告

91F7EB89-87C9-4905-849A-60C04E42311B.jpeg
寄付のご報告です。

ご利用いただいた方はご存じだと思いますが、

この4月〜6月で美容室Beluga15周年の企画を考えていましたが、そこで寄付の特別メニューを作り¥46,991の寄付が集まりました。
今回は、AAR japan(認定NPO法人難民を助ける会)のウクライナ人道支援の募金に寄付いたしました。


993BF868-8FCD-4F63-A544-E373D60C9E01.jpeg

(思いの外 画像が荒いです)

AAR japanは、

世界16カ国で紛争・自然災害・貧困・障がいなどにより困難な状況に置かれている人々を支援しています。

ウクライナにおいては、ロシアの軍事侵攻を逃れて周辺国に流出した難民への緊急支援、ウクライナ国内での支援を実施中です。隣国モルドバには緊急支援スタッフが現地入りし、食料配布や子どもたちへの支援活動を行っています。

今後もニーズの高い支援活動を継続するとともに、中長期的な活動を見据えて、モルドバに事務所を開設し、障がいのある方々や子どもたちへの支援などに力を入れていきます。

とのことでした。

 

私も身体障害者ですが、実は戦争が始まった2月後半から3月中旬まで連日のニュースに死と危険を妙に身近に感じ、沈んでしまって動けずにいました。

 

もし自分と家族があの場にいたら

 

ノロノロな私は、きっと逃げられないし、そんな私を助けるために家族を危険に晒して、もしかしたら死んでしまうかもしれない。

そんなの耐えられない。

 

そんな時期があり、なんとか動いた感じでした。

 

なので、「障がいのある方々や子どもたちへの支援」というフレーズでこちらへの寄付を決めさせていただきました。

 

今回は、既存のお客様へ、周年記念の企画と合わせて特別メニューをつくりその売上の10%を寄付させていただくというものでしたが、

寄付を企画だけで終わらせず

 

今後も継続していけるよう、

美容室Belugaの使命(ミッションステートメント)を
『社会貢献できる美容室』とし継続して活動していきます。
(具体的なことはまたお知らせします。)

 

また、美容室Belugaのテーマとして、

森と海と愛する人のための美容室』というのが前々からありましたので、今後は、人道支援団体だけでなく、環境保護・保全団体も寄付先に考えています。

 

社会貢献するのは私たちだけじゃ在りません。

『美容室Belugaに綺麗になりに来たら社会貢献もできる!』

ご来店の皆さんも社会貢献できる。

そんな美容室を目指し、それが地域の方に浸透するよう頑活動していきます。

 


(Copy) 15周年企画を利用して寄付

ご協力ありがとうございました。

実は4月〜6月の期間で当店の15周年企画と寄付のための特別企画をしていました。

おかげ様で190 の方にご協力していただき、

特別メニューより¥46,991の寄付が集まりました。

美容室Beluga店内にも募金箱を設置しております。

こちらは別の機会に寄付いたします。

このお金、今回はウクライナの人道支援団体 AAR Japan
に寄付いたします。

 

寄付が完了しましたら、画像付きの記事を

美容室Belugaホームページの

オーナーblog”ベルーガblog”お知らせにて投稿致します。

 

今回だけでなく継続してできるようにしていきたいです。

 

また、美容室Belugaのテーマは

《森と海と愛する人のための美容室》なので環境保護にも貢献したいと考えています。

 

テーマが上記ですが少し抽象的。

ウチのミッションステートメント、存在意義といえますが、それが、【社会貢献できる美容室】

 

社会貢献するのは私たちだけじゃ在りません。

「美容室Belugaに綺麗になりに来たら社会貢献もできる!」

ご来店の皆さんも社会貢献できる。

そんな美容室を目指し、そのミッションステートメントが地域の方に浸透するよう頑張ります。

 


お店の住所が変ります(※お店の場所は変わりません)

移転するわけではありません。

美容室Belugaの場所は変わりません。

令和4年3/19より
『可児市下恵土2丁目93番地』に住所が変わります。

実はこの辺りは、可児駅東側の再開発&区画整理のため、旧住所は、仮の住所だったのです。

実際の区画整理が始まって15〜16年。
再開発&区画整理の計画を聞いたのはさらに7年くらい前。

それもようやく終わり、
いよいよ今月19日から新住所の運用が開始されます。

新住所は“可児市下恵土2丁目93番地”です。

これがお店が移転するわけではないのに
住所が変わるという顛末です。

顧客様には特に混乱はないと思いますが、
よろしくお願い申し上げます。





15周年ありがとうございます


本日1/15
美容室Belugaは15周年を迎えました。

今日を迎えられたのもたくさんのお客様、スタッフ、メーカーさん、家族の支えのおかげです。誠に有難うございます。

 早いもので私がハサミを置きスタイリストをしなくなって5年が過ぎました。
ハサミを持つのが当たり前でしたが、ハサミを持たない日常になりました。
その間も美容室Belugaを支えてくださりありがとうございます。

 美容を通して直接はお役には立てなくなりましたが,
 美容室Belugaの経営理念は、

「美容を通じて関わる全ての人を幸せにし続ける」

これからもスタッフを通して皆さんの喜びにつながるよう、励んでまいります。

そして、お客様も私達スタッフもお互い幸せになれる美容室を目指してさまざまな学びと修練をして参ります。

これからもよろしくお願い申し上げます。

 

美容室Belugaオーナー 田口 豊和


#コンプレックス #お悩み解消
#小顔補正立体カット
#ステップボーンカット
#stepbonecut
#大人のデザインカラー
#大人ユニコーンカラー


想いが心に響く そんな個展でした

こんにちは。店長の田口 佳代子です。



2021/11/8今日は、主人と母と3人で、

作家のお客様の個展を見に行ってきましたshine

 
いつもお話しすると、わたしの方が元気を頂いているloveletter

F98EC34B-B15D-4132-8745-0B99D95779B4.jpeg
 
“一度っきりの人生でしょう?
 
やりたい事は全部やりたいheart
 
“やりたい事が一杯でどうしよ〜happy02(笑)”

 
とキラキラされていて、
 
波瀾万丈の人生の中、

どんどん行動力で、夢を叶えている方の言葉は深いですsign03  


F3ECE2B4-9EEC-4247-B59C-F6205394C28F.jpeg
 
コロナで、自粛生活を強いられていましたが、

そんな中でもアフターコロナのやりたいことを

楽しく計画されていて、

 
とても刺激を受けましたshine
 
いつもパワーを頂いて、
 
わたしも夢が膨らみますsign03

20EEF6C6-0F2F-4CED-99BB-0FA6768FB5A2.jpeg
A93CC803-A61A-4AA6-BF70-2753537B6B98.jpeg
お庭の柿の木や、身近にある色んな植物を使って草木染め
 
モチーフの素材は、ベースの生地に合わせてて、

時間をかけて、淡く優しい色を作り出しているそうですclover

 
木の実や身の回りの素材を使ったオブジェや
 
アクセサリーや小物など
 
素敵な作品で一杯でしたshine

1B3708AA-D73C-42EF-B401-BA498ED0B935.jpeg
 
一年半ほどまともに会っていなかった母と、

久々にゆっくり会って話をするきっかけにもなり、

とても良い1日でした。
 
今日はありがとうございましたsun

ベルーガグループセッション 田口(佳)

2021.9.21 Belugaグループセッション

今回もオンラインで。
ファシリテーターは、加藤 貴子(かとうあつこ)さんことあーこさんをお招きしました☆

今回の気づきは、
“自分らしく”
“躊躇なくありのままに表現する”
“本気を出す”
“自分はまだまだ伸び代が有る”
まだまだ出し切れていない自分に改めて気付かされました。

まずは、みんなで映画鑑賞会。
[ココ•アヴァン•シャネル]を鑑賞しました。シャネルになる前のココの物語。

みんなで感想を出し合い、それぞれの潜在意識を知る。

わたしは感想を語るのは下手くそですが、
ココが、思い立ったら迷いなく服を切って行く姿や、
自分を曲げない事で、身近な人達から徐々に認められて成功して行くところがカッコいいと思いました。

そして、“幸せな人は人を幸せに出来る”

好きな事に、
“本気”で頑張って認めてもらえるのがわたしにとって幸せだな!と気づきました。

そのために、これまで以上に、
お客様一人一人に本気で向き合って、
本当に幸せになってもらえるようにデザインしていきたいと思います!

あーこさん今回もありがとうございました☆


ベルーガグループセッション 野村

2021.9.21
ベルーガzoomグループセッション
ファシリテーターは加藤 貴子さん

今回は、シャネルがシャネルになる前を描いた映画、「ココ・アヴァン・シャネル」をみんなで鑑賞して、感じたことをアウトプット

人は自分が見たいものしか読み取れないから、同じ映画を観ても感想は人それぞれ。その感想から、その人の潜在意識にあるものが読み取れる。

作中、ココ(シャネル)は一貫して、自分らしさを押し通す。周りから浮きまくっても、動きやすくシンプルで楽な服だけを着る。

そんなココも、最初からファッションデザイナーになりたいと思っていたわけではなく、はじめはただパリへ行きたい、富と名声がほしい、と言っていた。

ココを世界のデザイナーにしたのは、反骨心溢れるココに興味を持ったまわりの人たち
愛人、友人、恋人
パトロンになったり、才能を見抜いてアドバイスをくれる
ココはただただ、自分らしくいて、そんな自分を誇っていて、その結果徐々に成功していく

私が映画から読み取ったのは、前半はココの淋しさ、怒り、焦り、いらだち、孤独 

ココは自分自身を誇りに思っているのに、自分のことを好きなはずの人が私を恥じている苦しさ
(バルサン氏からすれば、恥じるというよりココが周りから浮いてバカにされたりするのが心配で守りたかったのかもしれないし、それはココも感じていたかもしれない)
そんな心配など無要になるくらい早く自立し豊かになりたいという焦り

後半はありのままの自分を尊敬を持って愛してくれる人がいる喜び、幸せ
そして認めてくれる人が増え、自信をつけ、自分を信じるうちに、最初のころはただの男装まがいだったココのファッションが、だんだん洗練されていって、ココ自身見た目もとても魅力的になっていく
誰でも結婚するのが当たり前の時代に、「私は誰とも結婚しないわ」と言うココが、誰よりも自由で輝いていて、素敵な恋をしていて、幸せに見える

どんなにこれが女の幸せの道というのがあっても、そこで自分らしくいられないと幸せではないということ
ありのままの自分を受け入れてもらおうと思ったら、まず自分がありのままの自分に自信を持つこと。

今回は、自分の潜在意識にあるものがよくわかりました。人と比べること、どうしてもあるけれど、自分が幸福で恵まれていることはじゅうぶん解っているので、自分を信じることを忘れずにいきたいと思いました

私は私でいい、好きな服を着よう☆


123456789

アーカイブ

このページのトップへ