HOME > オーナーブログ > アーカイブ > 2020年4月

オーナーブログ 2020年4月

コロナ禍でも学ぶ 美容師×SDGs


最前線で活躍している方々に
心から感謝するとともに

影響を受けている方々にお見舞い申し上げます。

 

コロナで何かと窮屈な毎日

で、いろいろと変わらざるを得ない
節目を感じています。

 

zoomを活用したオンラインセッション
“SDGs×美容師をテーマに

2夜連続で 

【美容師未来ビジョングループセッション】

に参加しました。

この環境でも、勉強できることに感謝。


564D9F20-2F67-464A-9AD2-4621D31F8C55.jpeg

E0CC4A49-D684-4829-AEC2-7C379C40DC6F.jpeg
 

さて、「じゃこれからどうする?」

 

これが僕も感じてる不安なこと。

・この先どうするの?

・今までと同じやり方じゃまずいんじゃないの?
 

正解なんて誰にも分からない。それを分かっているのに、

もしかしたら先駆者達の模範を探していたのかもしれない。

 

SDGsという1つの生き方を学んだ。

 

さて、「これからどうしよう」

 

感じたことがありすぎてまとまらない笑

とりあえず2つ

 

月並みな言葉だけど

1つは【自分ごと】として生きて行こう。

美容室云々ではなく、社会のことを自分ごとに。

[全てはまだ無理(>_<)]

 

2つ目、
「不安や恐れ、自信が揺らいでしまうことも受け入れる」

 

これらを否定したり、
克服する為に必死に努力とかではなく
そう思ってる自分を認める。

押さえ込むんじゃなくて包み込む。

これ実は何年か前からチャレンジ中です。

 

なぜなら、

「人生に答えはない、正解なんて誰にも分からない」 
 

よく聞く話なので、ふーんくらいに思ってたけど、
今回の新型コロナでよく分かった。

 

体験した。
 

誰も経験したことがない世界

正解も答えも誰も知らない世界でしょ?

 

答えがあって、そこに向けて
「やるべき事を」自ら行動することが

自主的

 

答えがわからないけど、
「こうありたい」に向かって創造、試行錯誤して
自ら行動することが
【主体的】

 

“SDGs”なんか難しいと思っていたけど、

案外身近なこともあって、

無意識で既にやっていたこともある。

気づいていたこともある。

 

先ずは無駄なものは持たないというのもSDGs

美容室というビジネスでいえば、

売り上げを上げる為に、
あれが必要、これが必要と、
さまざまなシステムやモノを見に纏うんではなく、

無駄なものは持たない。 

 

人の幸せの対価の1つが売り上げだと思っている。

 

愛する人のための幸せに何ができるか。

自分ごととして主体的に何が出来るか、

 

既に ほぼ叶っているが、

お客様とスタッフの関係だではなく、

フェアで、お客様も僕も
お互い必要とされる関係のお客様、

 

家族とも思えるスタッフ、妻や子供達、
愛でつながるみなさんに
囲まれて暮らす自分でありたい!

 

答えはないけど試行錯誤しながら生きてゆこう。

 

僕の美容室の名前は、

愛する人のための美容室Beluga

 

長すぎる投稿なので2つ目は別のblogに書きました。

完全版、ご興味があればこちらからどうぞ。

https://www.guccho-intractabledisease.com/2020/04/26/blog-13/

36CE62B1-4CB9-47EB-96C7-131C7FF9E813.jpeg

 


よくあるチェーンメールに関して

【大切な方たちへ】
 
ちょくちょく目にするチェーンメール
 
日赤病院のドクターからの…とか
 
ハーバード…とか
 
ドクターの個人名が無いものは、
 
鵜呑みにしたり
 
安易に拡散するのはやめて下さい。
 
ドクターが発信するものには必ずドクターの個人名が入っています。
 
それがウィルスや病気と戦っているドクターとしてのプライドと責任です。
 
「よくある内容で 20分おきに白湯や温かい飲み物を飲む」
 
ぜんぜん予防になりません。
むしろ流し込む事で感染リスクを高めます。
※医学博士からしたらゾッとする、悪意を感じる程の内容です。
 
手洗いを徹底し、清潔でない手で顔を触るのをやめましょう!
ウィルスは目、鼻、口を介して感染します。
 
20分おきにするならうがいです。
飲んで流し込むより、うがいで出した方がいいに決まっています。
 
チェーンメールのタチが悪く、怒りすら感じるのは、
・もっともらしい内容
・いくつかの正しい内容に、いくつかの間違った情報
・善意ある人ほど「みんなに知らせなきゃ!」と思って拡散してしまう。
(僕もやってしまった事があるので反省です。)
 
美容師ですので本当はこの投稿も悩みましたが
 
衛生法規を学んだものとして、
 
自分の友達が拡散しているのを見ると黙ってられませんでした。
(美容師は衛生法規を学んだ国家資格保持者ですので)
 
ウチが加盟しているステップボーンカット協会の
顧問医学博士 百合口博士からの確かな情報です。
(このブログも間違ってないか確認済です。)

DB6071F9-2370-4D2E-BF8A-75F1A5E21189.jpeg

1

« 2020年3月 | メインページ | アーカイブ | 2020年5月 »

このページのトップへ